歌を習うメリット習うことでどんな影響がある?

メリットは?

歌にはたくさんの言葉がでてきますので、語彙が圧倒的に増えます。
特に昔からある日本の歌である、童謡には日本語らしい表現もあり、歌を歌いながら自然と覚えることもできます。
また、成長につれて言葉の意味がよりわかるようになってくると、自分の気持ちや伝えたいことを幅広い表現で表すことができるようになります。

他にも記憶力を鍛えることもできます。
歌を歌う時は最終的には何も見ないですることが多いですね。
1曲の中には実に多くの単語があり、どこを強調するのか、どこを静かに歌うのかも覚えなくてはいけません。
なので、1曲を覚えるだけでもかなり頭を鍛えりことが出来ます。

技術力以外にも、心身ともに子供の成長を支えてくれます。

何歳からがベスト?

歌を習わせたいと思っても早すぎることはあるのか、また遅すぎることはあるのか、気になりますよね。

音楽教室では幼児でも受けられるレッスンがあります。
1歳前後では歌うことはできませんが、親子で歌をきいたり、体をリズムにあわせて動かしたりできます。
プロになるためではなく、子供の成長のためにということなら歌をしっかりと歌える前から通うこともいいでしょう。

ボイストレーニング教室やミュージカルスクールは音楽教室よりもより子供の意思や通う目的意識がしっかりしていることが求められます。
なので、ほとんどのスクールが小学生以上からのレッスンを開講しています。
近くの、または通わせたいと思うスクールに問い合わせなどをして、何歳か受け入れをしているか確認してみましょう。


この記事をシェアする